新入社員に伝えたい3つのこと

皆様初めまして。

私は中小企業を経験し、転職して現在は上場企業に勤めております。

これから入社し会社員として働き始める20代前後の方へ向けて

未来の自分がトクをする為に意識すべき事

を3つの項目に分けて記事を綴りたいと思います。

この記事を読むとトクをする事

  • 仕事が早く覚えられる

  • 組織に早く馴染める

  • 上司や先輩に可愛がって貰える

  • この様なメリットが自分にもたらされると思います。

    挨拶は自分からする

    簡単ですが、これが出来ていない方が今迄働いてきた職場でとても多かったです。

    挨拶と言うものはして当たり前のものです。

    礼儀であり、一般常識であり、社会人として出来て当たり前の事です。

    例えばコンビニでもスーパーでも

    レジやカウンターに立つ方はお客様に挨拶をしていますよね。

    (コンビニアルバイターは挨拶がなって無い人が非常に多い!)

    アルバイトでもパートタイマーでも

    会社の顔

    な訳ですので、余り宜しくない態度または接客を受けると

    どうしてもそれがそのまま会社の印象に直結してしまいます。

    新入社員と言えども一企業の顔である事には変わらないので

    対お客様は勿論ですが先輩社員や同僚に対しても同じ様に挨拶は自ら進んでしましょう。

    豆知識としまして

    年齢が離れれば離れる程に

    腰が低ければ低い程

    遜れば遜る程可愛がって貰えます

    挨拶をするだけで人に愛されます。

    これはとても大きなアドバンテージになります

    また仕事で困った時も、周りの人間はあなたを想い手を差し伸べてくれる様になります。

    もし自分から挨拶をする習慣が今迄無かった方はこれを機に今日から始めてみて下さい。

    公私共に生きやすくなりますよ。

    1つ言い忘れましたが挨拶をする時は

    元気な声で、頭をしっかり下げる。

    こちらをしっかり守って下さいね。

    電話を率先して取る

    配属先が商社で無くとも、所謂営業の電話だったり

    取引先様からの電話が頻繁にかかってくると思います。

    その際は率先して受話器を取りましょう。

    遅くとも2コール以内で電話を取れるといいですね。

    嫌だなあと思うべからず

    入社したて配属されたてのあなた宛にかかってくる電話は先ず無いと思っていいです。

    入社一年目の今が、失敗を経験して成長出来る大きなチャンスなのです。

    なので取引先様の社名や、担当の方のお名前を覚える為にも率先して電話には出ましょう。

    〇〇社の△△様だから、□□上司宛てだな、

    とか

    社長に何か御用があるんだな

    なんて事も電話をとる回数が増えれば次第に分かってきます。

    更には、この電話は営業電話だから断ろう、という判断もあなた自身で出来る様になるでしょう。

    近い将来自分が何かの担当の受け持ち、取引先様と頻繁に連絡を取る機会が有るかも知れないと考えれば対応も自ずと慎重に丁寧に対応をする筈です。

    最初の内は、お相手様のお名前とご用件、それから誰宛かを

    正確に聞き取り確実に引き継ぐ事だけを考えて下さい。

    初めは緊張して手が震えますが数日で慣れてくると思います。

    対応は明るく、声のトーンは少し上げる位が丁度良いですね。

    メモを取る

    頼まれごとをされた時や仕事の依頼を受けた際などにササッと書き留めておく事。

    何故メモが必要かについてですが

    メモを取れば後で見返せるからです。

    つまり依頼や重要な情報を忘れなくなります。

    こちらも意外に出来ている方が少なくて

    1、2件の頼まれごとなら大丈夫ですがこれが

    3、4と増えた場合

    数日先の依頼

    内容が複雑な依頼

    等、後々振り返った時に何だっけ?と思い出せなくなります。

    もし仮にこれが先方様からの依頼だとしたら

    聞き直すのは大変失礼になるので

    自分のデスクには常にすぐ書き殴れる用紙を置いておきましょう。

    裏紙でも何でも構わないです。

    メモに書き留めておくだけで効果を発揮します。

    勿論ペンも忘れずに。

    また、仕事を教わる際にもメモを取る事は大切です。

    一度教わった事を忘れてしまった時に他人に頼らずに振り返る事が出来ます。

    最初の内は大目に見てくれると思いますが、何回も同じ事を繰り返し質問していると

    上司も教育担当者も人間なので嫌がります。

    何回同じ事を聞くんだ?ああ?

    と怒られてしまいます。

    そうならない為にもメモを取るクセをつけましょう。

    大雑把且つ範囲が広いんですが…

    仕事を覚えるコツがあって

    この作業は何故必要なのか

    を理由と紐付けて理解する事です。

    この結果が欲しいからこの作業が必要

    ですとか

    この数字を算出する為にこの計算が必要

    など自分で把握しておく事が肝要です。

    簡単ですがこれを意識するだけで業務の飲み込みが早くなりますし

    1つ2つ先の段取りも見えてくる様になります。

    何年か先に、自分が誰かに何かを教える時にも役に立つ筈です。

    自分が出来ない事や、分からない事なんかは

    後輩に教育出来ませんよね?

    最後にこの記事のまとめ

    挨拶は自分からする
    電話を率先して取る
    メモを取る

    以上3点、簡単ですが効果は絶大ですよ。

    是非お試しあれ。

    コロナ禍で大変な時期の仕事始めかと思いますが

    今のうちに失敗を沢山して大きくなりましょう!