20代の生き方で人生は9割決まる!レビュー

「20代は修行の時代、死ぬ気で働け。
そこで得た経験や失敗は必ず核となり、
人生を大きく変える。」

著者:金川顕教

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

20代の生き方で人生は9割決まる! [ 金川顕教 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/6/6時点)

会社の肩書きなしで「自分でお金を稼ぎ出す」ことを経験する。

どこかに勤めてもらうお金は、会社に依存して得たお金である。
そうではなく、自分ひとりで何のバックアップもない状況でお金を稼ぐ。
これが本当の”自分で稼ぐ”ということなのだ。

本書は、どんな方法でもいいから給料以外に稼いでみろ!

というもの。

私自身は本業以外の収入は現在無い。

楽曲投稿をし始めたyoutubeやニコニコ動画、そしてこのブログもこの本を読んで

自分を変えたいと思い立ち上げたという経緯があり
もっと多くの収益を自分の力だけで稼げるように何か新たに始めよう!

と思える内容であった。

非常に簡単ではあるが纏めてみようと思う。

「5大リスクと手を切る。」

5大リスク

①テレビ

②スマホ

③異性と遊ぶ

④飲みに行く

⑤遊びに行く

どれも現代の暮らしに欠かせないものばかりだが…

20代のうちに一生困らないぐらいの年収を稼ぐ基礎を固めるためには
この5つを断固避けるくらいの覚悟が必要というもの。

正直これはかなり厳しい。

が、正論だと思う。

まずはテレビやスマホでの娯楽を観る時間を減らして

遊びも程々にして何かを学習したり読書などで知識を深めよう。

「食事は外食か弁当。」 自炊している時間がもったいない。

成功するまでは自炊する。

お金を節約して勉強に回す。

なんて人は大間違い。お金は貯めるものではなく、稼ぐものだ。

稼げる自分になるために、今は時間が1番大事なのだと強く意識するべきだという。

これには驚いた。健康面が気になるが、ごもっともな意見。

だが確かに一理ある。

自分が一人暮らしなので自炊するのは当たり前だと思っていた。

食材を準備し、調理して食べてその後の片付けの時間をざっと

計算してみると確かに勿体無いし、前者だと早くて結果的に安く済む。

「風呂×、シャワー◯。」

20代、発展途上の間は”カラスの行水”で良い。1分1秒がもったいない。

のんびり風呂に入っている場合ではないんだ

という意識を全身で感じるという効果もあるという。

身が凍れる冬場は特にゆっくり湯船に浸かりたいものだ。

冷え性なのでこれは堪える。

だがしかしお湯を沸かすガス代は節約できるし、湯に浸かってる時間だって短縮出来る。

たまに温泉に行く、ぐらいの方がより特別感があってより気持ち良いかもしれない。

「睡眠時間はマックス5時間。」

1日8時間は睡眠をとるのが良いとはよく聞くが、あれは医者曰く根拠はないそうである。

人によって必要な睡眠時間は違うし、それに寝溜めはほどんど意味がないらしい。

睡眠時間の減らし方も人それぞれ。

30分ずつ削っていく方法もあれば一気減らして強引に体を慣らす方法もある。

人間は習慣の生き物であるから、どっちにしても案外慣れるという。

ショートスリーパーは一生の得だという。

時間を有効的に使おうと思ったら、まず変えるべきは睡眠時間。

1番手っ取り早く削れて節約できる。睡眠のサイクルは1時間半なのでそれも加味して変えていくべき。

…レム睡眠、ノンレム睡眠というやつですね。

「話が合う友だちはいらない。」今の自分と同じレベルだから話が合うのだ。

はっきり言って、今話が合う友だちに大した価値があるとは思えない。

今のレベルから一歩抜け出した人生に突き進んでいかなければならないのだ。

現状から抜け出した時、もっとレベルが上の友だちに出会うはずだ、というもの。

との事。

なんて冷たい人なんだ、と思ったが間違ってはない。

付き合っている友だちを見れば、今のレベルがわかる、とまで言われたらどうしようもない。

せっかく出来た友達を切り捨てることはしないが

馴れ合い過ぎて自分が目指す道が見えなくなるようなことは避けようと思う。

「モノは最小限度でいい。」

部屋を見ればその人の人生観、価値観が1度でわかる。部屋が散らかっているなら断捨離するべき。

断捨離とは

断=外から入ってくる要らないものを断つ

捨=手元にある要らないものを捨てる

離=モノへの執着から離れる

断捨離は単なる整理術・片付け術だと思われているが、
本来は心をすっきりと整理するための修行法の1つだったそうだ。

これらを意識していれば、生きていくために本当に必要なものだけが残り、
同時に心の中もすっきり整理されていく、という教えなのだという。

いわゆるミニマリストになれば良いのだ。
生活に必要な最低限のものだけあれば生きていけるわけで
それに+αで息抜きするための趣味に使うものがあれば十分。

私は現在引っ越しの準備中であり、断捨離している真っ最中である。

読み返しながらブログを書いているが非常にタイムリーである。

引っ越し終盤だが、不必要なものを排除していく事に快感を覚え始めてもきた。

まとめ

目的意識の無い行動の為に費やす時間を無くして未来の自分の為のスキルアップや学習に使い
自分の能力を上げていけば何かを成し遂げられる、そういったマインドが勉強になりました。

徹底するのは難しいが、日々の生活の中で強く意識していきたいと思う。