Spoonで高音質配信をする機材まとめ。電源が取れない場所で配信する機材。

話題のラジオ配信特化アプリのspoon
iPhoneのみで配信は可能なんですが、ラジオの様に
BGMを流しながら配信したい!

という方も多いのでは無いでしょうか。

結論から申し上げますと、配信に必要な機材が揃っていないと厳しいです。

この記事では高音質でのライブ配信を実現する為の機材について解説していきます。

しっかりした音質のBGMを薄く流すだけで配信のクオリティがグッと上がります。

また、電源が取れない車内で配信が可能になるアイテムもご紹介致します。

必要なモノ

  • マイクケーブル

  • ミキサー

  • ステレオミニケーブル

  • カメラアダプタ

  • ポータブル電源(必要な方は)

上記の機材で写真の様な環境を構築する必要があります。

マイク 

配信者の話す声や歌を拾う為のモノ。
電源の他にマイクケーブルが必要です。

マイクにも種類があるの?って方はダイナミックマイクがオススメです。
丈夫な作りになっており、使い易く落としたりぶつけたりしてもちょっとやそっとじゃ壊れません(笑)


ゼンハイザーe945

安くても良いという方はSHUREの有名な58マイク
音質を上げたい方はゼンハイザーのe945をオススメします。
こちらはダイナミックマイクですが指向性が強く、細かい音も拾ってくれて
ニュアンスが損なわれないので重宝しております。

ほとんどの方はご自宅のご自分の部屋で使用すると思うのでダイナミックマイクを選ぶかと思うんですが
ちゃんとしたスタジオで使用するという方やノイズ対策がバッチリな方はコンデンサーマイクを選びましょう。
ダイナミックマイクに比べ解像度がとても高く、吐息迄も鮮明に拾ってくれます。

ここ数年で値上がりしていますがBLUEのコンデンサーマイクが性能も見た目も良いのでオススメです。

ミキサー


ヤマハ YAMAHA 10チャンネルミキシングコンソール オーディオインターフェイス MG10XU